株主優待から始める株式投資

株主優待をきっかけに株式投資を始めてみませんか?株主優待のリサーチが大好きな管理人がおすすめの株主優待や株主優待銘柄を対象としたトレードについて語ります。新規公開株・IPOの情報やセカンダリー投資、10倍狙う方法、投資信託を使った長期投資なども扱います。

タグ:ビットコイン

投資ってどうやったら上達すると思いますか?

どういう手法をとるかにもよると思うのですが、やはり適したメンターから習うというのは1つの手ではないかと思います。

世界的に投資で成功しているウォーレン・バフェットはベンジャミン・グレアムを師匠に持っています。

もちろん、師匠など持たずに投資で成功した人もたくさんいると思いますが、多くの分野において師匠やコーチがいることは良い方向に働くことが多いのも事実。

ですので、参考材料としてこの人はという人がいれば、そこから学んでみるのも良いと思います。


私がおおいに投資をする上で勉強させていただいている人の一人が何度も紹介していますが「10倍株」「テンバガー」を狙う投資をテーマに書籍を出している朝香友博さん。


というブログも書かれています。会員限定の投稿が多いですが、たまに無料で見ることができる投稿をされます。

そして、最近勉強させていただいているのが、昨日も紹介したDJ.catさん。

VALUのウォッチリストは登録しましたか?

VALUへの登録は無料でできますので、VALUに登録してウォッチリストの登録だけでもしておくと勉強になると思います。

昨日も、DJ.catさんのVALUを持っている人限定で見ることができる投稿の中でとある銘柄の投資戦略について書いていて、とても勉強になりました。

本日以降、上がってくるとされる銘柄で私もたしかにこの銘柄はいいなと思ったものなので、どうなるか楽しみです。


VALUに上場している銘柄を買うには、円をビットコインに変えて、ビットコインでVALUを購入しないといけません。

ですので、DJ.catさんのTwitterやVALUの投稿内容を見て、この人の発信は役立ちそうだなと感じたら、VALUを買ってみるのもいいと思います。

ビットコインのレートにもよりますが、今は1万円くらい購入するのに必要なので、無理はしなくていいです。余裕を持って買えそうなら手にしてみると面白いと思います。

ビットコインを買ったことがなければ、こちらのコインチェックに登録してビットコインを買う所から始めましょう。

↓ ↓ ↓

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

VALUというサイトって知っていますか?

個人を株式に見立てて売買できるようになるサービスなのですが、このVALUに個人投資家の人も上場していて、その人のVALUを株のように売買することができます。私もVALUを結構利用しているのですが、最近注目している個人投資家の人がいます。

無料で発信している情報だけでも非常に価値があり、紹介された銘柄がストップ高になっていたりします。さらに、自分のVALUを保持している人にはさらに詳しいご自身が注目している銘柄だったり売買の方針を公開しているので、取引をする上でとても参考になります。

人の推奨銘柄を何も考えずに買うというのは、時として危険でありやるべきではないことだと思いますが・・・

参考材料の1つとして力のある個人投資家の方の意見を見ておくのは、おおいに勉強になるかと思います。

そうそう、私が注目している個人投資家というのは・・・


今、この方のVALUを買おうと思ったら1万円くらいかかってしまうのですが、それだけの価値はあるんじゃないかなと思います。
別に買わないまでも、無料公開されている情報をチェックしておくだけでも十分に役立ちます。

まずはVALUに登録してウォッチリストに登録をして、DJ.catさんの情報を受け取るところから始めてみても良いと思います。

また、実際にVALUを買ってみたいと思ったら購入するためには円ではなくてビットコインが必要になります。

ビットコインの取引所に口座開設をして、本人認証をして、口座の中に円を入金し、その円でビットコインを購入し、VALUにビットコインを送金し、そのお金でVALUを買う。

という流れが必要ですが、1度やってしまえばあとは楽なもんですから、最初だけ頑張ってみてください。

ビットコインは私はコインチェックという取引所に口座開設をしています。ここは、仮想通貨取引所の中でも大手であり、扱っているコインの銘柄も多く使いやすいですのでおすすめです。

コインチェックに口座開設をする場合は下記のバナーからアクセスして口座開設をしてみましょう。

↓ ↓ ↓

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

↑このページのトップヘ